保障万全でお得な医療保険の選び方、教えます

医療保険の選び方完全ガイド  » 初心者のための医療保険ガイド » 知らないと損する「控除」の話

知らないと損する「控除」の話

保険料控除とは、1月1日~12月31日までに支払った保険料のうち一部が所得金額から控除され、所得税・住民税の負担が軽減される制度。

お勤めをされている方は、よく年末になると「年末調整」の書類提出を求められると思いますが、それがこの保険料控除の申請なのです。

保険料控除は「生命保険料控除」「年金保険料控除」「損害保険料控除」の3つ。あれ、医療保険がない…と思った方、ご安心ください!医療保険は「生命保険料控除」に含まれていますので、加入した方は年末に申請をお忘れなく!

控除申請の方法は、「年末調整」もしくは「確定申告」になります。保険会社から「保険料控除証明書」というものが郵送されてきますので、それを添えて提出します。年間の保険料が9,000円以下の場合は証明書なしで手続きができますので、この点もご注意ください。

「医療費控除」は医療保険とのバランスが大切

医療費控除とは、1月1日~12月31日までに自分や家族のために支払った医療費のうち一部が所得金額から控除される制度。こちらは年末調整ではできないので、確定申告で行う必要があります。

注意したいのが「すべての医療費が対象ではない」ということ。健康保険や、加入している保険からの給付金を差し引いた額が対象となるため、医療保険で高額な給付金を設定している場合には医療費控除が受けられなくなってしまうのです。

裏を返せば、医療保険に加入していない場合でも医療費控除を申請すれば自己負担額がある程度はカバーできるということ。民間の医療保険ばかりに頼らず公的保障の補完として考えておけば、かしこく保険料を節約することも可能です。控除と保障のバランスも考えてみるようにしましょう。

 
無駄なく安心!医療保険の選び方