保障万全でお得な医療保険の選び方、教えます

医療保険の選び方完全ガイド  » 初心者のための医療保険ガイド » 入院給付金・手術給付金とは

入院給付金・手術給付金とは

ここでは、医療保険の基本といえる、「2つの給付金」について解説しています。

入院治療でもらえる「入院給付金」

入院給付金はその名前のとおり、病気やケガで入院したときに受け取れる給付金です。「治療を目的とした入院」が保険の対象となるため、検査入院などの治療しない入院では給付を受け取れません。医療保険の基本であり、この保障はほぼすべての医療保険に備わっています。

給付金は、入院した日数×保障額(各社およそ3,000円~20,000円)を受け取ることができ、これは保険契約によって異なります。また、入院何日目から保障を受け取れるかも契約によって異なります。(最近は日帰り・1泊2日の短期間入院でも保障がある場合がほとんどです)

保障はずっと受けられるわけではなく、入院日数の限度が設定されており、それ以上入院が長引いた場合、保障はなくなってしまいます。1回の入院で60日程度、契約期間内では合計1,095日(3年)程度が主流のようです。

手術でもらえる「手術給付金」

手術給付金は、病気やケガの治療を目的とした手術を行った際に受け取れる給付金です。虫歯の治療や美容整形等の手術では給付を受け取れません。こちらも医療保険の基本で、ほぼすべての医療保険に備わっています。

金額は入院給付金の5~20倍で、手術内容によって細かく分類されています。給付金は回数の制限がなく、何度でも受け取れます。また、入院を伴わない日帰り手術でも保障の対象となるので、入院給付金とセットというわけではないのでご注意ください。

医療保険はこの2つの保障が基本となっています。保険で悩んだときは、まずこの2つをしっかりと見定め、それから特約などを考えていくようにしましょう。

 
無駄なく安心!医療保険の選び方