保障万全でお得な医療保険の選び方、教えます

医療保険の選び方完全ガイド  » かしこい医療保険の選び方 » 掛け捨てと積み立ての違い

掛け捨てと積み立ての違い

医療保険には掛け金の一部が戻ってくる「積み立て」タイプと、そうではない「掛け捨て」タイプがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

掛け捨てor積み立て?医療保険お得度ランキング>>

積み立てと掛け捨ての違い

「積み立て」はいくつかのタイプに分かれており、「保険の満期や解約などの場合にある程度のお金が戻るタイプ」「一定期間経過ごとにボーナスが受け取れるタイプ」「加入後一定期間生存していたら、保険料が戻るタイプ」などがあります。

このようにお金が戻るタイプは、掛け捨ての保険より保険料が高いのが特徴です。

「掛け捨て」は保険が満期・解約になってもお金は戻りませんが、保険料は少なくて済みます。

これは、どのような医療保険にも共通しています。

掛け捨て・積み立て、どちらがお得?

「積み立て」「掛け捨て」は保険の判断基準としてはあまり重要な部分ではありません。そこを重視するならば、保険の保障内容や安心感で選ぶべきです。

では、積み立て・掛け捨てについてはどのような基準で選べば良いのでしょう?

まずは、どちらが安いか。

保険料の月額、戻ってくるお金を考慮して考えた総額などを考えます。毎月の負担が少ないほうがいいか、それとも月々の負担は大きいけれど、あとでお金が戻ってくるほうがいいか…家庭の経済状況などを考慮してプランを決めましょう。

次に、お金の貯め方について。

保険には本来、貯蓄性を持たせる必要はありません。しかしあまり貯蓄が得意ではない方は、「保険をかけていたらいつの間にかお金が溜まっていた!」というほうが将来の蓄えを作れるかもしれません。

正直な話、どちらが損か得かと言われると、どっちもどっちです。保険は、積み立てか掛け捨てかより、保険の保障内容を重視して選ぶのが正解です。どうしても選べないという場合は、保険のプロに相談してみましょう。

 
無駄なく安心!医療保険の選び方