保障万全でお得な医療保険の選び方、教えます

医療保険の選び方完全ガイド  » かしこい医療保険の選び方 » 必ずつけたい「ガン保障」

必ずつけたい「ガン保障」

国立がん研究センターがん対策情報センターが調査した、「障害にガンと診断される割合」によると、年齢によりガンになるリスクは高まり、およそ2人に1人がガンと診断されることがわかりました。

男女別では、男性が54.5%、女性が40.7%となり、男性は胃がんがもっとも多く、女性は大腸がんがもっとも多くなりました。

ガンは、いまや日本の国民病ともいえる病気となり、ガン専門で医療保険をかけるのが普通のことのようになってきました。しかし、ガンのために保険をもうひとつ増やす必要はあるのでしょうか?

ガン保険よりガン保障を!

厚生労働省の調査(2008年)によると、ガンでの平均入院日数は23.9日。1996年の調査では平均46日だったので、日数はほぼ半分。これは、近年の医療技術の進歩により入院期間がぐっと短くなったり、入院せずに治したりといったことが可能になったためです。技術は日々進歩しているため、今後も入院日数は短くなっていくものと予想されます。

また、健康保険組合に加入していれば、「高額療養費制度」「付加給付制度」があるため、医療費の自己負担限度額は1ヶ月25,000円程度、国民健康保険であれば「高額療養費制度」で1ヶ月80,000円程度になります。

この額であれば、通常の医療保険で十分まかなえます。また、医療保険に特約でガンに関する保障をつけたり、もともとガンに対して保障が手厚かったりする医療保険もあるので、わざわざガン保険に加入しなくても大丈夫。また、ガン治療に先進医療を使いたい場合もあると思いますが、これも特約で保障してくれる場合がほとんどなので、通常の医療保険でも安心です。

もしガン保険に加入するのなら、「診断給付金(ガンと診断されたらお金がもらえる)」が手厚いものを選んだほうがオススメ。入院する・手術するといった条件がなくもらえるためです。

ガン補償の充実度で選んだ医療保険ランキング>>

 
無駄なく安心!医療保険の選び方