無駄なく安心!医療保険の選び方

保障万全でお得な医療保険の選び方、教えます

あなたの医療保険の選び方、損をしていませんか?

毎日特に何の不調もなく生活していたのに、ある日突然病気で倒れて入院…そんなときの心強い味方が「医療保険」です。

保険加入を決める際は、以下の点を確認して、自分に合った商品を見極める必要があります。

医療保険の正しい選び方
  • イザという時の備え、実は多すぎるかも?入院や手術に本当に必要な自己負担額を洗い出し、補償額が見合っているか確認する
  • 特約は必要性を考えて取捨選択する
  • 掛け捨て・積み立てはどちらが得か、しっかりと検討する
  • 保障されない入院・手術もあるので、商品ごとに違いを比較検討する

ですが、実際には、以下のような間違った認識を持ったまま契約して、高額な保険料を払い続けている人が多いんです。

「いざという時に受け取る給付金は、高いに越したことはない」
「色々な病気が心配だから、特約もたくさんつけておこう」
「保険料は高いけど、お金が戻ってくる方にしよう」

もしもの場合の備えは大切です。でも、必要以上の保障内容で無駄に高い保険料になっていたり、基本プランが安くても特約で費用が嵩んでいたら…ちょっと勿体無いですよね。

実は、我が家も少し前に保険を見直してみたところ、なんと、年間の保険料が約3分の1になったんです。

【我が家の保険料Before&After】
●見直し前…夫67,380円+妻68,640円=136,020円
●見直し後…夫23,400円+妻22,200円=45,600円

こんなにコストダウンできたのは、何よりも、見直しの過程で正しい医療保険の知識と選び方を身につけることができたからだと思います。

このサイトでは、そんな私が調べた、安心でお得な保険の見極め方本当に必要な補償額など、医療保険を選ぶときに押さえておきたいポイントをまとめてみました。

「保険料を安く抑えたい!」という方のために、私のお勧め医療保険ランキングも作ってみました。あなたの入っている保険と比べてみてくださいね。

保険料を70%カット!医療保険の見直し体験

自分だけじゃなく、家族にとっても大切な医療保険。我が家の保険見直しのきっかけは、夫の会社の同僚が入院したことでした。体調不良に気づかないまま働きつづけた結果、会社で倒れて病院に運ばれたというのです。幸い重病ではなく、1週間ほどで退院されたようですが、夫は「本当に何時どんなタイミングで病気が襲ってくるか分からないな。他人事じゃないと不安になったよ…」と、自分や家族の“もしも”について改めて考え直したようです。

万が一の備えとして、医療保険を見直してみよう、という夫と一緒に、1から保険のことを勉強し直しました。そして、自分で調べたり、詳しい友人や専門家に聞いたりするうちに、“上手な選び方のポイント”が分かってきたんです。

医療保険の知っておきたい節約術
  • 健康保険を活用して、自己負担を減らせる
  • 基本保障が充実していれば特約は不要
  • 近年、入院日数はあまり長くならないので、長期間の補償は無駄

こういった知識を仕入れた後、改めて医療保険を選びなおした結果、保険料を年間で90,420円もカットすることに成功!年間10万円近くも損していたなんて、結構ショック。どうりで今までなかなか貯金が貯まらないわけですね(苦笑)。

貯金をしたい方、節約をしたい方はもちろん、家族のためにもっと良い医療保険の選び方を知りたい!という方は、我が家の経験をもとに作った医療保険ランキングを確認してみて下さい。きっと、「こんなに安い保険料で充分な補償があるんだ」と、目からウロコが落ちるはずですよ。

 
無駄なく安心!医療保険の選び方